こんなお悩みに

【腰痛・ギックリ腰】

 

[ 動かし方って大切です…]

腰痛の85%は原因が特定できないそうです。
人のカラダは動くためのつくりになっていますから、動かし方でも不調の様子は変わります。
《姿勢のくずれ》から負担がかかりやすくなると、慢性的な痛みに感じやすいことが多いようです。
長時間のデスクワークや車の運転の後で立ち上がろうとした時、重い荷物を持ち上げようとしたり、前かがみ姿勢から起き上がろうとした時、また、少し離れて置いてあるモノを取ろうとして、手(上半身)を伸ばした瞬間など《姿勢を変えること》で起こる、突然の強い痛みのギックリ腰。慢性的な痛みをそのままにしてしまうことも要因になります。

[ 腰への負担は大きいです …]

直立姿勢で腰に掛かる負担を《1》とした場合、45度ほどのお辞儀で1,5倍・お辞儀ほどの前屈みでモノを持つと2,2倍・座っていると1,4倍・パソコンの前に向かって座る前屈み気味の姿勢で1,85倍の負担が腰に掛かると言われています。

通常、背骨は椎骨というブロックが縦に重なるように連結しています。その背骨の下の方〜骨盤の上の部分に位置する腰の骨(腰椎)は椎間板というクッションが間に挟まっていたり、腰椎の間の関節(椎間関節)により連結され軟骨に覆われています。これらの相互作用によって腰椎に掛かる負担を和らげてスムーズな動きをサポートしています。

[ 痛みの感じ方で… ]

“ギックリ腰”は、《姿勢のくずれ》などにより負担のかかりやすい部分の腰椎の関節(椎間関節)のトラブル・その周辺の筋肉を痛めたことで一時的に起こる急性の《腰部捻挫》と言われています。なので、『ココが痛い』とはっきり指し示せます。

『ここらへんが痛い』『重いような、ダルいような感じ』と範囲的な痛み方だったり、そこをかばうように縮めるポーズで和らぐようなら慢性的で、《骨盤まわりの関節の動きや筋肉の柔軟性の低下》の他に《内臓の疲れ》が考えられます。

そしてどちらのタイプの腰痛も、《自律神経のバランスの乱れ》が関わってくることも。

[くり返さないように… ]

湿布を貼るなどの対処で痛みを落ち着かせるだけでは、《姿勢のくずれ》は残ります。またさらに痛みを感じさせないように《カラダ全体を歪ませて》しまいます。

身体均整法は、おカラダの不調を【全体】でとらえることで『根本的な原因』を改善していきます。
重心バランスのズレによる『カタチの乱れ』・骨格や筋肉などの『動きの偏り』・神経や内臓の『はたらき』のアンバランスを調えていくことで、【がんばれるカラダ・きれいスタイル】になるお手伝いをします。