こんなお悩みに

【O脚】

O脚は直立したときに膝や股関節の間が開いてしまっている状態を表します。骨格的な原因に限定されやすいのですが、成人女性の約80%ほどに見られるそうです。

O脚になると、足の小指側に体重がかかる外側重心になってしまい、立ったり歩いたりの動作で膝の内側に負担がかかり関節軟骨が部分的にすり減って骨同士がこすれて痛みを起こしてしまいます。年齢を重ねるにつれて『変形性膝関節症』の原因になると言われています。また、動作をくり返すことで骨や関節につながっている筋肉の伸び縮みにより骨格にズレ(歪み)を起こしやすくなってしまいます。

外側重心にならないようなトレーニングや歩き方などの『カラダの外側のケア』も大切ですが〈外側に重心を傾けること〉で〈カラダが楽になる理由〉が何かあるのかもしれません。
カラダのバランスは、重心が【カラダの中心・真ん中】に置かれることで安定します。そのためには内側へ重心をもどせるように、カラダの偏りや捻じれを整えていくケアも必要です。

膝が離れてしまうからといって膝関節だけに注目するのではなく、股関節の動きがスムーズかどうか、股関節まわりの筋肉の柔軟性はどうか、さらに骨盤の状態やカラダの捻じれ・歪みが関わっている部分などを探っていきます。

例えば、外側の重心ということで考えるなら、両脚とも同じように外側に体重がかかるのか、左右どちらかに強く乗っていることはないか等から、身体均整法・12種のタイプ別体型より《左右型》と捉えることもできます。食べることや感情的なことが気になりやすかったり胃腸が疲れやすいタイプです。また、股関節の動きを見てみて、あぐらの様に外側へ開きやすいなどは、骨盤が寝そべるような傾きになっている場合が多かったり、関節が弛みやすい等から《骨盤型》とも考えられます。生理痛や更年期症状、不妊などホルモンバランスの不調が関わっているのかもしれません。
O脚というカタチから、カラダの内側のケアも考えることが出来ます。

【カラダの動き方・カタチ・重心のバランス】を、整えることで改善をうながします。